加賀の伝統猟「坂網猟」

視察訪問

12029751_10206058549844616_7599814421205095181_o

12778830_10206058549364604_5686061275379297027_o

12783765_10206058549884617_6837652248346541503_o

12747500_10206058550564634_6656233741851040119_o

加賀の伝統猟「坂網猟」の名人にお会いしました。
お話し下さったのはなんとも微笑ましい野鳥との共生。

加賀市の「鴨池」には多くの野生の鴨が越冬のためにやってきます。
農繁期は農家の方々が、農閑期は猟師の方々が、この野鳥のパラダイスをまもっているのだそうです。

野鳥が到着する前に掃除(草刈り)を終わらせて、野鳥が到着したら静かな環境を守るために交代で静か〜に見張り番。

見張りの目的は、人間による密猟を防ぐため。鴨の飛び立ち方で襲ってきたのが天敵か、人間かが分かるんだそうですよ。

猟をする期間や羽数は厳しく制限されていて、人間と自然が共に暮らす、そんな関係があってはじめて見られる鴨たちの安心しきった姿でした。

故郷の北方に向けて飛び立つまであと少し。私が見ている間ひたすらモグモグしていた鴨たちはしっかり栄養を蓄えて丸々してます!

今度は見張り番にご一緒させて下さるようにお願いしました!

  • Tweet
  • Like